日本茶のようにレギュラーコーヒーを気軽に淹れられるありそうでなかったコーヒー専用急須。

  • stars集まっている金額
    ¥188,460
    (目標 ¥200,000)
  • flag目標達成率
    94%
  • local_offer購入数
    27
  • watch_later残り時間
    00 00:00:00
商品一覧を見る お気に入りに追加する
helpこのプロジェクトは実行確約型です。
前回大好評の珈琲急須。リクエストに応え、大きく握りやすい把手とマグカップ1杯分が淹れられる容量でリニューアル。
    • 【日本茶のように気軽に淹れられるコーヒー専用の急須。 雑味や渋みを軽減し、まろやかな味わいに。】

    • 「急須で手軽にコーヒーを淹れられれば。」そんな発想から生まれたコーヒー専用の急須。伝統の技を継承し、日本六古窯の一つでもある「常滑焼」は焼き物で有名な産地。

      その常滑焼で仕上げた本品は、内側を素焼きで仕上げる事で雑味や渋味を吸収しながら、特注のステンレスフィルターで漉すためフレンチプレスのようにコーヒーの旨味や風味がダイレクトに楽しめます。
    • 【日常の何気ない会話が誕生のヒントに】

    • コーヒー急須が誕生したきっかけは友人同士の何気ない会話から。コーヒーが好きで普段レギュラーコーヒーをドリップして飲んでいるのですが、何かと手間がかかり面倒臭い。という共通の話題から始まりました。

      そんな時、もしかして自分たちだけでなく他の人も同じような気持ちでコーヒーを淹れているかもしれない。もし、手間が省けて、楽に片付けられて、しかも美味しいコーヒーが淹れられたら、もっと、もっとコーヒーを楽しめるのではないか。この想いを実現させるため、本品の開発が始まりました。
    • 【コーヒーの美味しさを引き出す工夫と常滑焼】

    • 紙製のフィルターは微細な粉や雑味はカットしますが、コーヒーの旨味や油分なども吸収してしまいがちです。本品は100メッシュの微細なステンレスフィルターで濾すため旨味や風味がダイレクトに楽しめるように工夫しました。

      また、内側の無釉薬の素焼きは炭のように多孔質で、表面に無数の微細な孔が開いているため、まろやかなお茶を淹れるようにコーヒーの渋みや雑味を吸収してくれる効果も期待できます。常滑焼ならではの技術と工夫が詰まった急須に仕上がっています。
    • 【簡単に淹れられ、簡単に片づけも】

    • 淹れ方は簡単。カゴ網フィルターに中~粗挽きの粉を入れ、お湯を少し回しかけて1分ほど蒸らします。後は飲む分のお湯を入れたら2~3分待ってからカップに注げば香り豊かで旨味のあるコーヒーが出来上がりです。

      急須本体やフィルターの洗浄も簡単で、カゴ網フィルターは繰り返し使えるため紙フィルターのように買い置きする必要もなくエコで経済的。
    • 【リニューアルされた使いやすい持ち手。1杯だけ飲みたいときに最適なサイズ感】

    • お客様のリクエストに応えリニューアルしました。指が入れやすい大き目の持ち手はしっかりと握ることができるので注ぎやすい持ち手に仕上げています。

      おちょぼ口のような細めの注ぎ口はカップにコーヒーを入れやすく、入口の開口部も広めに取っているため、洗う際に楽に手が入れられる洗いやすい作りに仕上げました。

      表面は常滑焼特性の朱泥の雰囲気を残しつつ、薄く塗装を施した趣ある和の雰囲気が見事なグラデーションで彩られています。容量もマグカップ約1杯分、コーヒーカップなら約2杯分とコンパクトで気軽に扱える容量で、丸みを帯びた流線形のボディに仕上げています。
    • 【何故、急須でコーヒーを?レギュラーコーヒーを淹れる際の問題提起】

    • 急須でコーヒーを淹れるに当たり、今まで淹れていたコーヒーの問題点を記録しました。
      ・準備が大変(ドリッパーやポット、紙フィルターを用意したりなど)
      ・ランニングコストがかかる(紙フィルターが使い捨てのため)
      ・ゴミが思った以上に出る(紙フィルターのゴミ)
      ・後片付けが面倒
      ・気軽に淹れられない
      ・粉末状のコーヒーの粉をどのように処理するのか
      などが、挙げられました。
    • 【問題点から解決策を考え、お茶の知識から急須を選択】

    • 色々な問題点が考えられる中、次に解決できる方法を考えたところ、「そう言えば、お茶も煎茶や粉茶など様々な茶葉があるが、お茶を淹れる時は全て急須で完結できているな。」と、思いつきました。

      昔からお茶を淹れる際は急須を使い、特に常滑焼の急須を使用することで、手軽に淹れられ、お茶がまろやかに美味しくなる知識から、もしかしたらコーヒーでも同じことが起こらないか?という視点から着手していきました。
    • 【問題点を解決に向けて取り組んだこと】

    • <問題点1・準備が大変>
      解決策→これは、淹れる道具を極力無くし、1個で解決できるようにしてみよう。

      <問題点2・ランニングコストがかかる>
      解決策→紙フィルターで濾さなくてもお茶のようにメッシュのストレーナーで代用できないか?

      <問題点3・ゴミが思った以上に出る>
      解決策→こちらも、紙フィルターを無くすことでお茶のようにそのまま捨てられないか?

      <問題点4・後片付けが面倒>
      解決策→なるべく洗い物を少なくして、手に触れる回数を減らすことを目標に。

      <問題点5・気軽に淹れられない>
      解決策→飲みたいときにすぐに淹れられる気軽さを急須で実現できないか実験。

      <問題点6・粉末状のコーヒーの粉をどのように処理するのか>
      解決策→こちらは非常に目の細かいステンレス製のメッシュフィルターを採用。100メッシュの微細なステンレスフィルターで濾すため旨味や風味がダイレクトに楽しめるように工夫しています。
      ※完全に濾すことは不可能なため、多少の濾し残しが出ます。

      これらの解決方法でひとつひとつ試していき、複数回実験や試行を繰り返すことで、結果的に行きついたのが急須にすることで問題の解決は可能になりました。
    • 【問題は解決。次は美味しさの実現を目指して】

    • 手間や気軽さの問題は解決しました。次に立ちはだかった難問は、一番大きな問題「美味しさ」。やはり主役はコーヒーそのもの。それが美味しくなくてはいくら外見が立派でも、中身が伴わなくては本末転倒に。

      そこで候補に挙げたのがお茶などの茶器の焼き物で有名な「常滑焼」です。常滑焼は「日本六古窯」のひとつで、古来より日本を代表する焼き物です。

      常滑焼特有の多孔質の表面は、渋みと雑味を吸収してくれる効果も期待でき、お茶と同様、コーヒーの渋みと雑味も吸収することが可能ではないかと考えました。

      そしていくつもの試作を重ね、現在のコーヒー急須をつくっていきました。
    • 【試作を使ってみて実験。味覚テストでも数値で評価】

    • 早速出来上がった試作品を使い、試飲することに。多少自己評価が高かったことと、思いが上乗せされたこともあり、初回一口目はとても美味しかったことを記憶しています。

      「良し、これなら問題ないかも」という安心感と、「他の人はどう判定するのか」という不安感が去来し、一人では判断できないと思い、科学の力を借りようと考えました。

      そこで、「群馬県立産業技術センター」に試作品を持ち込み味覚試験を行いました。試験は「渋み」「雑味」「苦み」など5項目に渡り判定を行い、その結果を数値化することで科学的に判断することで評価を待つことにしました。

      結果は紙フィルターを使用した際のコーヒーと比較して酸味はそのままに、渋みや雑味は数値が減少しまろやかになっていることが確認できました。これがコーヒー急須が完成した瞬間です。
    • 【常滑焼の熟練職人による生産の協力】

    • <富仙窯>
      1994年(平成6年)。常滑の老舗窯元である「澤田製陶」と「山本製陶」が合併して誕生した富仙窯。主に急須をはじめ、耐熱陶器などの製造を行う窯元ですが、急須を製造する窯元では使われない、「トンネル窯」を用いて商品を焼き上げています。機能性を重視した商品構成にこだわり、熟練職人による繊細な技術は焼き上がる作品に趣を与え、多くのファンを持ちます。

      初期工程から完成まで全て手作業で行い、細心の注意を払いながら作り上げられた製品は、独特の雰囲気を醸し出し、作品に品を与える仕上がりになっています。

      細かな箇所も見逃さず、妥協を許さない職人たちの姿勢が作品に滲み出ており、使う人の立場になって試行錯誤し完成させる窯元として有名です。
    • 【来客の話題作りにも】

    • 独特の発想で作り上げられた世にも珍しい「コーヒー専用の急須」は、簡単に淹れられ、お手入れも楽に済ませられるように形状や焼き方などにこだわっています。コーヒーカップ2杯程度まで淹れられるので、お客様の目の前で淹れて見せれば話題作りにもなります。
    • 【最後に】

    • ゴミも少なく、お茶のように淹れられる急須型にすることで、自分自身で家族でそして来客時にも楽しめる美味しい一杯が堪能できます。新しいコーヒーの楽しみ方を是非ご覧ください。
      ご支援のほどどうぞよろしくお願いします。
  • 新着情報

    新着情報はありません。
  • コメント
      コメントはありません。

出品者のプロフィール

株式会社伽藍堂

株式会社伽藍堂

代表の内田記史です。1969年10月生まれの東京都出身。 2012年4月に独立し株式会社伽藍堂を創業しました。モノ作りが好きで様々なアイデアを具現化することに努め、メーカーさんや職人さんと協力し、一つ一つ丁寧に商品化しています。28年通販業界に携わり、主な販売先はカタログ通販になります。お客様のニーズに応えられるように日々研鑽を重ね、より良い商品が提供できるように細部までこだわっています。
商品
常滑焼・お手入れが楽なコーヒー専用急須(マグカップ用)
¥6,980 (税込・送料込)
詳細を見る
ご提供予定時期:2024/4/1より順次発送
FAQ・ヘルプ

商品一覧

  • ■商品サイズ(約)/幅17×奥行10.5×高さ10.5cm■材質/急須:陶土、フィルター:ステンレス■商品重量(約)/288g ■容量(約)/420cc(満水時)■仕様/100メッシュカゴ網フィルター■生産国/日本(常滑焼)■ご注意/※フィルターの特性上、カップにコーヒーの微粉末が若干残る事があります。粉は中~粗挽きをお勧めします。
    • 価格(税込/送料込)
      ¥6,980
    ご提供予定時期:2024/4/1より順次発送

特定商取引法に基づく表示

    販売事業者名
    株式会社伽藍堂

    販売事業者所在地
    東京都中野区本町4-17-12

    代表者または運営統括責任者
    内田 記史

    代表者または運営統括責任者(フリガナ)
    ウチダ ノリヒト

    連絡先/電子メール
    spp84sm9@oboe.ocn.ne.jp

    連絡先/TEL
    電話:03-5340-7759


    販売価格帯
    ※各プロジェクトページの「リワード代金」をご覧ください。価格は税込です。

    商品等の引き渡し時期(日数)・発送方法
    商品の引渡し時期またはサービスの提供時期は、各プロジェクトページの記載をご確認ください。

    代金の支払時期および方法
    《決済手段》
    クレジットカード

    《支払時期》
    本プロジェクトは実行確約型です。
    商品購入時に決済が行われます。

    商品代金以外に必要な費用 /送料、消費税等
    送料無料 (商品代金に含む)

    《返品の取扱い条件》
    輸送による商品の破損および発送ミスがあった場合のみ返品可。
    商品到着後14日以内に起案者までご連絡いただいた後、
    起案者から連絡のある返送先へご返送下さい。

    上記返品条件に該当しないお客様都合のキャンセルはお受けしておりません。

    不良品の取扱条件
    商品受取時に必ず商品の確認をお願いいたします。
    商品には万全を期しておりますが、万が一下記のような場合にはお問い合わせフォームにてお問い合わせ下さい。
    ・申し込まれた商品と異なる商品が届いた場合
    ・商品が汚れている、または破損している場合
    上記理由による不良品は、
    商品到着後14日以内に起案者までご連絡いただいた後、
    起案者から対応方法をお客様宛にご連絡致します。